どっちがいい?ミノキシジルの塗るタイプと飲むタイプ

男性のイラスト

ミノキシジルは、発毛力を促す働きがあります。体内に成分が吸収されると、頭皮の血行を改善し発毛をサポートするのです。

そんなミノキシジルは、塗るタイプと飲むタイプから選べます。ここでは、それぞれの特徴について紹介していきます。

▶塗布薬の特徴とは
塗るタイプは、頭皮に直接塗布します。皮膚から成分を体内に取り込んで、頭皮の血行を良くするのです。血流がスムーズになると、髪の生成や成長に必要な栄養が運ばれやすくなります。髪にしっかりと栄養が行き届くと、太さのある毛髪へと成長できるのです。

「塗るタイプ」が欲しい!と思ったら、ドラックストアでも購入できます。身近な場所で手に入るのは、嬉しいですよね。

ただし市販で取り扱っているのは、ミノキシジル5%配合まで。もっと高濃度の商品を試したいという場合は、海外通販をオススメします。

海外通販で取り扱っているフォリックスという商品は、配合量16%まであるのです。気になる方は、一度検索してみてください。

▶経口薬もある
飲むミノキシジルは、身体の内側から効果を発揮するお薬。服用すると、血行促進作用により頭皮への栄養の運搬をスムーズにします。その結果、コシやハリのある髪へと育っていくのです。

塗るタイプの場合、見えにくい後頭部にきちんと塗布できているか不安になるかもしれません。しかし飲むタイプなら、全身に効くので心配無用なのです。

また、1日1回さっと飲むだけなのでとっても手軽。毎日続けるのを考えると、手軽さは重要なポイントだと言えます。

飲むミノキシジルは、国内では未発売。しかし海外通販を利用すれば、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)を入手できます。

飲むミノキシジルで発毛力をアップさせたい!と思ったら、「ミノタブ 通販」で検索すると見つけられます。